白糸の滝

2010年 12月 15日(水曜日) 10:13 管理者 参照: 9342
印刷

白糸の滝

【白糸の滝】
天下の名瀑としてその名を轟かす白糸の滝。 この滝は、富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と 下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出しています。 高さ20m・幅200mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。 その姿は白糸の名にふさわしく、幾筋もの絹糸をさらしているようです。 優しく、女性的な美しさで、滝壺近くに立つと、三方が水のアーチとなって幻想的な世界を見せてくれます。 国の名勝及び天然記念物。 (平成2年日本の滝百選に選定)

 富士の雪解け水を大量に湧出する井の頭の水源から約10キロ下流にある滝です。数ある日本の滝の中でこれほど幅広く大きな滝はとても珍しいです。

滝の元となる川はそれほど大きなものではなく、 本滝の横にカーテンのように広がる滝は、高さ二十メートル幅はなんと、百メートルもあり、富士山の噴火で出来た地中の溶岩の層を流れ通ってきた水が、その岩の隙間から流れ落ちてるというもので、これも他ではあまり見る事がないとても珍しいものです。

木々が生い茂った岩の間から落ちる水の様子は、とても不思議で新鮮な感じがします。広く大きな水のカーテンが、光りながらサラサラと爽やかな音を立て落ちるのです。
柔らかく光る水が絹の糸のようにも見えます。広く大きく豪快、それでいて繊細、そんな両面を見せくれる、白糸滝の名に相応しいとても美しい滝です。

駐車場から石の階段を降り滝壷まで行くと、水の落ちる勢いで吹き上がった風が、冷たい富士の雪解け水に冷やされ そこは水しぶき舞う超大型の天然クーラーになってます。夏の暑い日、水の流れ落ちる音そして肌に優しい自然の冷風 それはもう最高に気持ちがいいです。

また滝の上の展望台からは、大きな富士が滝を見下ろすように堂々とした姿を見せてくれます。そして岩にはみ出すように生えるもみじや楓などの植物が、いつのまにか季節を変え、若葉の緑や秋の紅葉など滝と富士の絶妙な色合い見せ、滝の音と共に一時も止まることなく自然のハーモニーを魅せ続けてくれます。